menu

いいね! プレス

林遣都のドラム練習(べっぴんさん)では下手くそ?ハーフの噂や似てるのはたけちゃん?




Pocket

朝ドラのべっぴんさんでは、ジャズ喫茶ヨーソローでプロのドラマーを目指している青年を演じた林遣都さん。中学でスカウトされ高校時代にはオーディションで3000人の中から「バッテリー」の主役に抜擢されて華々しくデビューしました。

その後もスポーツものや話題作に次々と出演されている林遣都さんはどんな方なのか調べてみました。

林遣都さんのプロフィール

生年月日:1990年12月6日
出身地:滋賀県大津市
趣味:野球
特技:書道
身長:173㎝
血液型:O型
比叡山高等学校

2005年に中学校3年の時の修学旅行で訪れた渋谷の駅でスカウトされ芸能界に入ります。2007年の映画「バッテリー」の主役でデビューし、いきなりその演技が評価され、日本アカデミー賞新人賞やキネマ旬報ベスト・テン 日本映画新人男優賞などを受賞しました。

その後、仕事も増え2008年には、映画「ちーちゃんは悠久の向こう」や「ダイブ!!」(主演)「ラブファイト」(主演)などを演じました。

林遣都さんのドラムはうまいそれとも下手?

林さんは、朝ドラべっぴんさんではプロのドラマーを目指す青年、河合二郎という役を演じておられます。もちろん演奏をするシーンも出てくるので多少でもドラムをかじっておられるのかと思ったら、ドラムを触ったこともないまったくの初心者だったそうです。

役どころはプロを夢見てるということですから、それなりに見えないといけない・・・。なのでこのお話しがあったときから一生懸命練習を重ねたといいます。

時間の許す限り練習をし、毎日スティックを持ち歩いていたんだとか・・・。ドラムも難しい上にジャズですから独特のテンポの取り方をしないといけないのでやはり時間がかかったそうです。

音はエアードラムかもしれませんが、演技的にはそれなりにさまになっていたので俳優さんって大変だな~と思います。

林さんはまだ26歳ですが、これまで結構いろんな役どころをされてきています。クセのある役どころや運動モノ・・・。デビュー作が野球を題材にしたものなので、その後もスポーツが絡む映画「DIVE!」とか「風が強く吹いている」などのお仕事もされています。

撮影に入るまでには猛練習をするようなんですが、相当運動神経が良いのか、ランナーの映画「風が強く吹いている」では大学陸上部から駅伝ランナーにスカウトされた経験もあるみたいです。

林遣都さんはハーフなの?

林さんって色が白くてハーフっぽい風貌をされていますが、ハーフではなさそうですね~。ご両親と兄と妹の5人家族です。お名前が遣都(ケント)と読むので、ちょっと外人さんが日本でも外国でも通用するように名づけたようなイメージもありますが、お名前の由来は、大きな都市(都)に出て大きなことを成し遂げるというご両親の気持ちがこもったお名前なんです。

素敵なご両親ですよね~まるで、いまの林さんを暗示しているような意味合いです。名前負けせず大きくなって立派に大きな都市東京で成功しているのですから・・・。

しかし、ここまでくるにはご両親もご本人も苦労があったようで、中学生の時にスカウトを受けトントン拍子に俳優として活躍をしているように見えて、高校は地元滋賀県の比叡山高校に通い東京で仕事をしてと両立が難しかったようです。

ストレスを発散できなかったのでしょうか、お母さんが息子のことを見ているパソコンを目の前でたたき割ったということもあったみたいですね~(;´・ω・)
高校の3年間は、ボクシングの役どころや駅伝など演技以外にもトレーニングをしないといけない日々だったので、とても大変だったと当時の自分を振り返っておられます。

ただ、18歳になり上京するときには、お母さんに「最後まで迷惑かけてごめん。育ててくれてありがとう。頑張ってくる。」というメッセージを残して家を出たので、お母さんへの気持ちもちゃんとあったのですね・・・。

今では、お母さんが林さんの部屋に訪れて世話をしたりしているようなので親子関係もよさそうです。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ