menu

いいね! プレス

羽生結弦のフリー(2017~2018)の曲は久石譲?!曲名が気になる!




Pocket

フィギュアスケートグランプリファイナルで史上初の4連覇を勝ち取った羽生結弦くん。羽生くんの作り上げる美しい世界は見る人を感動させますよね。男子だけれどもしなやかさもあり、果敢にも難しい4回転に挑戦する姿なども心を打ちます。
  
2016年のFS(フリー)もとても美しかったのですが、その演技を盛り上げている曲が昨年のオペラ座の怪人とはまた違ったまるでNHK大河ドラマのような繊細で壮大な曲で気になりました。

そして、 オリンピックシーズンの2017-2018年のフリーは過去のものを使うことになったのですが、どんな曲なのか?久石さんの曲なのかなど調べてみました。
  
関連記事(オリンピックには魔物がいるというネタです。)
 

 

スポンサーリンク

 

羽生結弦のフリー(2017ー2018)の曲は何?

結末からいうと、2017-2018のフリーの曲は、SEIMEIです。

ですので、久石さんの曲ではありませんが、もうひとつまえのフリープログラムで使っていた曲とプログラムで勝負するということですね。

「SEIMEI」とは2015-2016年のシーズンでも使っていたプログラムを同じく使っています。

ショート(SP)

バラード第1番ト短調
作曲:フレデリック・ショパン
振付:ジェフリー・バトル

フリー(FP)

SEIMEI
映画『陰陽師』サウンドトラックより
作曲:梅林茂
振付:シェイ=リーン・ボーン

フリーに関しては、かつて「陰陽師」を演じたこともある、野村萬斎さんとも羽生選手は指導を受けたと言ってますので、かなり思い入れのあるプログラムなんですね。

ピアノ曲が少しだけ聞けます。

⇒  amazon

SEIMEIという名前は羽生くん本人が命名したとも言われています。

和のテイストで演じるということで気に入っていた話もありました。

しかもフリープログラムに使われたものは、陰陽師のサウンドトラックの中の7曲を羽生選手が自分でつなぎ合わせて作ったものだそうですので愛着もひとしおだと思います。

 
これでオリンピックで金となったのは感慨深いものがありますね。

陰陽師 オリジナル・サウンドトラック コンプリート [ 梅林茂 ]

価格:3,500円
(2018/2/17 21:43時点)
感想(4件)

羽生結弦のフリー(2016)の曲は何?

今年の羽生選手が選んだ曲はショートとフリーでは対照的だな~と思いました。ショートはノリノリのダンスミュージック、プリンスの「Let’s Go Crazy Audio!」でフリーの曲は久石 譲さんのHope & Legacy(ホープ・アンド・レガシー)という曲です。

このHope & Legacyという曲は、久石さんのこれまでの曲、ヴュー・オブ・サインレンスとアジアン・ドリーム・ソングという歌を合わせて作ったもののようです。

もとになっている曲はこちらで聞けます
ヴュー・オブ・サインレンス
アジアン・ドリーム・ソング

スポンサーリンク

関連記事(オリンピックには魔物がいるというネタです。)

久石 譲さんの代表曲とは?

久石さんはピアニストや指揮者もなさっていますが、やはり私たちが一番馴染みがあるのはジブリの映画ではないでしょうか。1970年代からアニメの歌を作っておられて、「はじめ人間ギャートルズ」などの歌も手掛けていたり、ポップスの編曲などもされています。

風の谷のナウシカ
天空の城ラピュタ
となりのトトロ
魔女の宅急便
紅の豚
もののけ姫
千と千尋の神隠し
崖の上のポニョ
男たちの大和/YAMATO
HANA-BI
ソナチネ
Dolls など多数

これまでには、日本アカデミー賞 最優秀音楽賞を8回も受賞していて、2009年には紫綬褒章や世界でも様々な賞をとっておられます。

羽生結弦さんの2016年のフリーの構成や点数は?

ここ数年でフィギュアスケートの難易度が急に上がってきていますよね。少し前は4回転ジャンプをするかしないかで論争が起こったような気がしますが、いまでは4回転があたりまえになってきました。
 
羽生くんの今回フリーでは4回挑戦するというなんともすごい構成となっています。しかもより難易度の高いジャンプに挑戦しているところも頼もしいかぎり・・・。

2016年には、グランプリファイナルで史上初4連覇をしましたが、そのときの構成内容とともに、どのくらいの点数だったのでしょうか。少しわかりやすく説明してみたいと思います。

まず、それぞれの技には基礎点というものがあります。たとえば、4回転トーループを飛んだら10.3ポイントというようにそれぞれの技には基礎になる点数があります。そして 技の出来栄えによって+3点~-3点という調整する点数で加減します。
 
技の出来栄えがよければ3点まで加算され、よくなければ-3点まで減算されるんです。(GOEといいます)

  基礎点 GOE(技の出来栄え)  
4ループ 12.00 1.14 13.14
4サルコウ 10.50 2.57 13.07
フライング足換えコンビーネーションスピン(4) 3.50 1.07 4.57
ステップシークエンス(4) 3.90 1.70 5.60
3フリップ 5.30 1.60 6.90
4サルコウ+REP 8.09 -4.00 4.09
4トゥループ 11.33 0.26 11.59
3アクセル+3トゥループ 14.08 1.86 15.94
3アクセル+1ループ+2サルコウ 10.08 -1.43 9.35
フライング足換えショットスピン(3) 2.60  0.79 3.39
コレオグラフィックシークエンス(1) 2.00 1.70 3.70
1ルッツ 0.66 -0.06 0.60
足換えコンビネーションスピン(4) 3.50 0.57 4.07
  88.24   96.01

技術点の部分を見ても、演技の4分程度の中にこれだけのことをやっているんですね~すごい!すごいよ結弦くん!!!
4回転サルコウ+3回転トゥループが転倒と3回転半アクセル+1回転ループ+2回転サルコウの回転不足の点数が減点となってしまいました。今回はフリーだけとってみるとネイサンチェン(アメリカ)と宇野昌磨くんに負けてしまいましたが、まだまだ伸びしろがあるというこですよね。

演技構成点

スケート技術 9.36
要素のつなぎ 9.11
演技力 9.07
構成 9.32
楽曲解釈 9.32
  92.36

やはり、羽生くんの良いところは男子フィギュアではあまり見れないしなやかさと女性のような美しさもあるところだと思います。これからオリンピックに向けて照準を合わせてきていると思いますので今後もっとすごい点数が出るのかもしれませんね。


スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ