menu

いいね! プレス

花にけだもの(ドラマ)のキャストは?ネタバレあらすじ無料動画も




Pocket

2010年から2012年小学館のSho-Comiに連載されていた人気漫画の「花にけだもの」がこの秋にドラマ化されます。名前がインパクトがあるのですが、これは登場人物の名前に動物の名前が入っているからです。

コミックス自体は全部で10巻ありますが、累計で200万部も売れ2012年には「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」の10位にランクインするなどとても人気がありました。

まるでケダモノのようなワイルドで男らしいモテモテのイケメンと純真な女子の恋がテーマのストーリーです。

スポンサーリンク

花にけだもののキャスト

熊倉久実(くまくら くみ)・・・中村ゆりか
柿木園豹(かきぞの ひょう)・・・杉野遥亮
和泉千隼(いずみ ちはや)・・・松尾太陽(超特急)
日吉竜生(ひよし たつき)・・・甲斐翔真
大神カンナ(おおがみ カンナ)・・・入山杏奈(AKB48)

役どころ
熊倉久実(中村ゆりか)
幼いころから転校や引越を繰り返しているが、新しい高校で出会ったイケメンの豹に惹かれる。あだ名は「キュー」

柿木園豹(杉野遥亮)
高校の「蓮高」でのジンクス、「好きな人とスクールリングを交換すると恋が叶う」というものがあり、ほとんどの女子生徒200人中199人とスクールリングを交換したことがある。

和泉千隼(松尾太陽)
日吉竜生の幼馴染。クールで不愛想だか心根の優しい男性。とあるデートをして久実のことが気になっていく。
 
日吉竜生(甲斐翔真)
久実が転校先で初めてできた友達。明るく豹の友人でもある。カンナに片思いをしている。
 
大神カンナ(おおがみ カンナ)入山杏奈(AKB48)
謎多き美少女。クールなので、噂が先行し誰も近寄りがたい雰囲気だが、久実は友人になろうと近づき意気投合し心を開く。

花にけだもののあらすじ

キミはけだもの。いまだ恋を知らない・・・
名門・蓮高に転校してきたキューちゃんこと久実。
初めての学校で初めて出会った男子はすごく優しい王子様みたいな豹くん。
友達になりたい!って思ったのに、豹くんの口から出たのは
「友達じゃ足りない」って言葉と熱いキス。

初めての彼氏って思っていたのに、なんと豹くんは学校中の女の子を彼女にしちゃうぐらいの最低最悪の「たらし」でした。
王子の皮をかぶったけだものに、ファーストキスをささげてしまったキューちゃん。
本当に豹くんと恋ができるのか???
キューちゃんの初恋は「難しいにもほどがある!」

漫画「花にけだもの」第一巻
 
出典:アマゾン

あらすじをわかりやすく!!

母親を亡くして叔母とクラスことになった熊倉久実。学校も蓮高に転校することになり、学校が始まる前に蓮高を訪れます。そこで知り合った柿木園豹という男の子。
見た目もイケメンで優しい男性に心惹かれることになります。

しかし、実際に学校に行くと豹は学園一のプレイボーイでした。あまりの軽さに怒りをぶつけてしまい他の女子からは距離を置かれてしまうことになります。

孤立する久実でしたが、日吉竜生はそんな久実に興味を持ち友人になります。そして、同じように孤立していたカンナとも意気投合。竜生はカンナのことが好きだと知ると、仲を取り持ってあげたいともう一人男性を加えてダブルデートをすることになります。

しかし、デート直前、それを知った豹は阻止すべく久実をさらってしまうのです。
 

スポンサーリンク

花にけだものの原作ネタバレ

コミックス全10巻のおおまかなネタバレです。

熊倉久実は母親を亡くしたために、叔母に引き取られ東京青山の「蓮高」に転校することになった。久実は夏休みにそうっと新しい学校を見に行き地図を作っていきます。

ある部屋に柿木園豹がいてスマートなやさしさに久実は癒しを感じる。
久実は帰ろうとして、ふと母親からもらった熊のぬいぐるみをなくしていることに気づくも豹にはいい出せず一人でクマを探すことに・・・。

しかし、クマは見つからない・・・。

そんな時、豹が戻ってきて「名前を呼んでくれたら、絶対助けてあげる」と語ります。

久実は名前を呼び助けを求めると、豹が大事なクマを差し出します。

久実は感激し、母親からもらった大事なクマを豹に、大切な人に渡そうと思っていたというメッセージと共に渡します。

しかし、翌日、久実は衝撃的な光景を目にします。

豹は学校中の女性生徒に囲まれ、美しい女子たちも次々にアプローチ。女性からキスを求められればキスをし、さらに久実にまでキスをしてしまう始末。
久実は豹を大嫌い!と宣言。

これがきっかけで豹の取り巻きの女性に嫌われてしまうことに・・・。

しかし、日吉竜生には気に入られ、友人にと声がかかります。そんな久実にクラスで声をかけてくれたのは同じく孤立している大神カンナでした。カンナの孤立している理由は、過去の噂話。

距離の近くなった二人のことを竜生に語ると、実は竜生はカンナのことが好きだと言い出します。久実はなんとかふたりの間を取り持ちたいと思うようになり、竜生とカンナそして、竜生の友人の和泉千隼の4人でデートに行こうと計画するが、その話を耳にした豹が久実をさらってしまう。

久実はそんな豹のことが好きだという感情が湧くも豹の他の女子生徒にも言う「好き」という言葉が同じくらいの重さではないかと悩みます。

しかし、実は豹自身、「好き」という感情があいまいでよくわからないことに不安やコンプレックスを持っていました。ただ、素直に自分のことを「好き」だと想ってくれる久実に対して徐々に好きという感情が湧いてきて、特別な存在に・・・。

文化祭で久実と豹はリングの交換式をすることになるも、豹の入院中の兄の容体が悪くなり急きょ豹は不参加になってしまう。

ひとりの久実を助けたのは千隼だったが、周りからは付き合っていると勘違いされてしまいます。千隼の方は実は久実に気持ちが傾きかけていました。

一方、豹はそんな噂を聞き思い悩みます。久実もイベントでのことを豹に聞けないままとなっていました。千隼は久実を豹のもとへ行くように勧めます。

豹と久実はリング交換式のことを語り誤解があったことがわかったので、改めてお互いが好きだと確認をし付き合い始めます。
 
修学旅行で久実と竜生は、カンナ・豹・千隼と同じ中学だったという女性から、豹とカンナが過去に付き合っていてしかもカンナは妊娠したという噂を語ります。

竜生とカンナは困惑しながらもお互いの相手に対する好きという感情は変わらず、それぞれ2組は付き合うことになります。

丸く収まったかのように見えたが、カンナがまだ豹のことを忘れられずにいることが久実にはわかりました。竜生も同じくその気持ちを知っていますがそれでも快くカンナを包みます。
  
一方久実は大事な友人がまだ豹に気持ちが残っていることに心を痛め、いったんは友人に戻ることに・・・それを見て千隼は久実に告白するためにマラソン大会で1位を取れたらデートをしてほしいと誘います。

豹はそのことを知り、自分もマラソン大会に参加しますが、トップに立とうとした時に久実が足をくじいているのを発見。試合をそのままにして病院に連れていきます。

竜生もカンナに1位を取ったらキスをしたいという条件をだしていた。しかし、ふとそれは自分の想いの押しつけだと気づき放棄してしまう。竜生のカンナを大事に思う気持ちが徐々にカンナにも伝わりカンナも次第に竜生に惹かれていく。

カンナは豹に過去の想いを伝え、豹もまたそれを受け止めたあと「ごめん」と断りました。カンナは久実に豹にフラれたことを報告し、やっと前に出ることができたと語り久実とのことを応援すると告げ竜生のもとに・・・

久実は約束どおり、千隼とデートをし、改めて千隼の愛情に触れますがやはり、豹への想いは変わりません。

改めて豹への気持ちを確認した久実は、豹と一緒にいることを心に決め千隼にもそのことを告げます。

花にけだもを無料動画は?

映像配信サービス・dTVとフジテレビの共同製作ドラマで、この秋に配信予定です。

すでに、dtvでは「花にけだもの」のムービーコミックが公開されています。どんなお話しなのか全部で53話のうち1話のみ無料となっていますので、気になる方はご覧になってみてください!→dtv
 
まだ、dtvもフジテレビオンデマンドも、ドラマのアナウンスはしていませんが、秋に双方でウェブドラマ化しますので、気を付けてみておいてくださいね!

そして、やっぱり気になるのは料金ですよね!

フジテレビオンデマンドでは、YahooのIDで31日間無料で視聴できます。その他、フジテレビの人気番組もプラスセブンという名前で最大7日間無料になりますので、チェックしておいても損はないかも・・・
詳しいことは、それぞれのサイトでご確認くださいね

⇒ 初月無料キャンペーン中!【フジテレビオンデマンド】

まとめ

原作「花にけだもの」 杉山美和子
監督:大谷健太郎・宮脇亮
脚本:松本美弥子

キャスト:中村ゆりか、杉野遥亮、松尾太陽(超特急)、甲斐翔真、入山杏奈(AKB48)

監督の大谷健太郎さんは「恋がヘタでも生きてます」や映画「NANA」を手掛け、宮脇亮さんは「最後から二番目の恋」「最高の離婚」を手掛けた方で、脚本の松本美弥子さんは「恋がヘタでも生きてます」を手掛けた方です。

ドラマは、dTVとフジテレビの共同製作ドラマで秋に配信予定です。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ