menu

いいね! プレス

箱根駅伝2018復路コース(7区)地図と距離!通過時間と選手を調査




Pocket

箱根駅伝の復路第7区は、全部のコースの内一番走りやすいコースとも言われています。一番の鍵となるのは温度差と小刻みなアップダウン。山の吹きおろしの風を受け体が冷え込んだあとの温度上昇にどう対応するかがポイントとなってきます。
 
 
第7区のコースや地図と走行距離、そして通過予想時間と区間エントリーの選手なども調べてみました。

スポンサーリンク

 

第94回(2018)箱根駅伝の詳細

開催日:平成30年1月2日(火)~3日(水)
総距離(217.1㎞)

 

スポンサーリンク
走行ルート

1月2日(火)往路(1区~5区)107.5㎞

スタート地点:大手町 読売新聞社前(午前8時00分 出発)
ゴール地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午後1時30分頃 到着予定)

1月3日(水)復路(6区~10区)109.6㎞

スタート地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午前8時00分 出発)
ゴール地点:大手町 読売新聞社前(午後1時30分頃 到着予定)

往路と復路は違うルートをたどります。

 

往路第7区の走行ルートと通過目安時間

第7区(21.38㎞)小田原中継所~平塚中継所

通過目安時間

小田原中継所(9:00頃)
→御幸の浜付近(9:08頃)
→前羽駐在所付近(9:30頃)
→大磯中学校前付近(8:50頃)
→平塚中継所(10:02頃)

地図には誤差が含まれますので、大体の目安としてご覧ください。

第7区のコース紹介

第7区は、小刻みながらアップダウンのあるコース。箱根駅伝10区のうち一番走りやすいとも言われていますが、早朝走るために温度調整がしづらい場所です。

第7区の区間エントリー最新情報

区間を走る走者は、当日レース開始の1時間10分前に受け付けるために、直前まで変わる可能性がありますが、各大学からエントリーがでてきています。

第7区区間エントリー選手

※赤字は変更のあった選手です。

青山学院大   林 奎介 3年
・東洋大    渡邉奏太  2年 
・早稲田大   永山博基  3年
・順天堂大   清水颯大  1年
神奈川大   大川一成 4年
・中央学院大  新井翔理  4年
・日本体育大  住田優範  4年
・法政大    岡原仁志  2年 
・駒澤大    工藤有生  4年 
・東海大    國行麗生  4年 
帝京大    佐藤諒太 4年  
・大東文化大  齋藤諒   3年
・中央大    安永直斗  2年 
・山梨学院大  出木場風吹 3年
拓殖大    石川佳樹 1年
・国学院大   内田健太  4年 
・国士舘大   三田眞司  4年 
城西大    山本竜也 4年  
上武大    関佑斗  3年 
東京国際大  渡邊和也 1年
・関東学生連合 金子鷹(東京農業大) 3年

第7区の最高区間記録

設楽悠太(東洋大学)
1時間02分32秒(2012年)

まとめ

第7区の距離:21.3㎞ 
ルート:小田原中継所~平塚中継所
特徴:7区は走りやすいとも言われているが、山からの吹きおろしの風や日光の温度上昇など走り方に工夫が必要なコースとなる。
  

 

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ