menu

いいね! プレス

箱根駅伝2018往路コース(5区)地図と距離!通過時間と選手を調査




Pocket

箱根駅伝は、山を登るコースが特に名物となっていますが、第5区の途中からは本格的な山登りコースが始まります。走る人は大変な場所ですが、ヘアピンカーブなどがあり見ている者にとっては見ごたえのある名所です。

特殊なコースなので、選手の力量の差が出やすく大きな差となる場合もあり、脚力や体力も非常に必要となってくる区間です。

よく実況で「山の神」というあの最大の難所コース。力のある選手がガツガツと前の選手を抜き去る部分も見れたりと名場面が生まれる場所です。長帳場の箱根駅伝で一番チェックしないといけない区間でしょう!
 
一番、ランナーとしての力量が試される第5区のコースや地図と走行距離、そして通過予想時間と区間エントリーの選手なども調べてみました。 
 
 

スポンサーリンク

 

第94回(2018)箱根駅伝の詳細

開催日:平成30年1月2日(火)~3日(水)
総距離(217.1㎞) 

スポンサーリンク
走行ルート

1月2日(火)往路(1区~5区)107.5㎞

スタート地点:大手町 読売新聞社前(午前8時00分 出発)
ゴール地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午後1時30分頃 到着予定)

1月3日(水)復路(6区~10区)109.6㎞

スタート地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午前8時00分 出発)
ゴール地点:大手町 読売新聞社前(午後1時30分頃 到着予定)

往路と復路は違うルートをたどります。

 

往路第5区の走行ルートと通過目安時間

第5区(20.8㎞)小田原~芦ノ湖駐車場入口
 
通過目安時間

小田原中継所(12:13頃)
→箱根湯本付近(12:25頃)
→大平台(12:40頃)
→富士屋ホテル付近(12:55頃)
→芦ノ湖駐車場(13:25頃)

地図には誤差が含まれますので、大体の目安としてご覧ください。

 

第5区のコース紹介

第5区は、3㎞あたり「箱根湯本」を通過すると本格的な山登りの道となる。長い登り道が続き選手の体力が試される場所。しかし、最後の3㎞はまた下り坂となり走るペースなどかなり調整することとなる。

第5区の区間エントリー最新情報

区間を走る走者は、当日レース開始の1時間10分前に受け付けるために、直前まで変わる可能性がありますが、各大学からエントリーがでてきています。

第5区区間エントリー選手

※赤字は当日変更選手

・青山学院大 竹石尚人  2年
・東洋大   田中龍誠  1年
・早稲田大  安井雄一  4年
・順天堂大  山田攻   3年
・神奈川大  荻野太成  2年 
・中央学院大 細谷恭平  4年 
日本体育大 小町昌矢 4年
・法政大   青木涼真  2年
・駒澤大   大坪桂一郎 2年
・東海大   松尾淳之介 2年
・帝京大   平田幸四郎 2年
大東文化大 藤岡賢蔵  1年
・中央大   畝拓夢   1年
・山梨学院大 上田健太  4年
・拓殖大   戸部凌佑  3年
・国学院大  河野敢太  4年
・国士舘大  鼡田章宏  2年
・城西大  服部潤哉   3年
・上武大   関稜汰   3年
・東京国際大 濱登貴也  4年
関東学生連合 田島光(関東学院大) 3年

第5区の最高区間記録

大塚祥平(駒澤大学)
記録:1時間12分46秒(2017年)

まとめ

第5区の距離:20.8㎞
ルート:小田原中継所~芦ノ湖駐車場入口
特徴:5区は3㎞付近の「箱根湯本」を超えたあたりから厳しい登り坂となる。高低差は約874mもあり選手の実力が試される場所。個別の能力でかなり差が出る場所でもあり、前の選手を抜くシーンも多い。

いわゆる「山の神」と言われる選手が出てくる場所。見ごたえ十分、箱根駅伝の最大の見どころとなるため、チェックが必要です。
 


 

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ