menu

いいね! プレス

箱根駅伝2018往路コース(4区)地図と距離!通過時間と選手を調査




Pocket

箱根駅伝では、距離が短かった時期には新人を登用する区間として第4区は考えられていましたが、最近では距離も20㎞を超えてきて準エースが走る区間と位置付ける大学もあります。

高低差が激しいこともあり、走る選手を苦しめる場所でもあります。

東海道の松並木や、大磯ロングビーチのある第4区のコースや地図と走行距離、そして応援する方のための通過予想時間と区間エントリーの選手なども調べてみました。 
 

スポンサーリンク

 

第94回(2018)箱根駅伝の詳細

開催日:平成30年1月2日(火)~3日(水)
総距離(217.1㎞) 

走行ルート

1月2日(火)往路(1区~5区)107.5㎞

スタート地点:大手町 読売新聞社前(午前8時00分 出発)
ゴール地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午後1時30分頃 到着予定)

1月3日(水)復路(6区~10区)109.6㎞

スタート地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午前8時00分 出発)
ゴール地点:大手町 読売新聞社前(午後1時30分頃 到着予定) 

 

スポンサーリンク

往路第4区の走行ルートと通過目安時間

第4区(20.9㎞)平塚~小田原

 通過目安時間

平塚中継所(11:10頃)
→大磯付近(11:15頃)
→酒匂橋(11:35頃)
→小田原市市民会館(11:56頃)
→新小田原中継所(12:13頃)

※地図は詳細部分の若干のずれがありますのでおおよその目安としてご覧ください。

第4区のコース紹介

第4区は、最後に上り坂となっていて難所となっている。高低差が800メートルもあり、細かいアップダウンが選手を苦しめる。

第4区の区間エントリー最新情報

区間を走る走者は、当日レース開始の1時間10分前に受け付けるために、直前まで変わる可能性がありますが、各大学からエントリーがでてきています。

第4区区間エントリー選手

※赤字は当日変更選手

青山学院大 梶谷瑠哉  3年
・東洋大   吉川洋次  1年 
・早稲田大  石田康幸  4年
・順天堂大  難波皓平  2年 
・神奈川大  大塚倭   4年 
・中央学院大 高橋翔也  1年
・日本体育大 富安央   4年 
・法政大   松澤拓弥  2年 
駒澤大   高本真樹   4年 
・東海大   春日千速  4年 
・帝京大   竹下凱   3年 
大東文化大 奈良凌介  2年
中央大   苗村隆広  3年 
・山梨学院大 川口竜也  2年
・拓殖大   西智也   4年  
国学院大  土方秀和  2年
・国士舘大  藤江千紘  3年 
城西大   金子元気  3年 
・上武大   大森樹   3年
・東京国際大 鈴木博斗  4年
・関東学生連合 中島大就(明治大) 2年

第4区の最高区間記録

栃木渡 (順天堂大学)
記録:1時間03分36秒(2017年)

まとめ

第4区の距離:20.9㎞
ルート:平塚中継所~小田原中継所
特徴:4区は距離は短いものの、高低差が800メートルもある難所がある。酒匂橋あたりからは、細かく登りと下りがあるので選手が苦労する区間です。
 

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ