menu

いいね! プレス

箱根駅伝2018復路コース(10区)地図と距離!通過時間と選手を調査




Pocket

箱根駅伝の復路第10区は、ゴール手前、観覧者も多いことからプレッシャーもかかる場所。少しだけ坂はあるが基本的には平坦な道が続くビル風が吹くこともあります。

ここまでくるともう気力も体力もギリギリで走っている選手も多いですし、みんながつないだタスキが選手たちにとっては非常に重いものになっていると思われます。

ゴールで全員最後のランナーを待っているところも感動的ですね。
  
第10区のコースや地図と走行距離、そして通過予想時間と区間エントリーの選手なども調べてみました。

スポンサーリンク

 

第94回(2018)箱根駅伝の詳細

開催日:平成30年1月2日(火)~3日(水)
総距離(217.1㎞)

 

走行ルート

1月2日(火)往路(1区~5区)107.5㎞

スタート地点:大手町 読売新聞社前(午前8時00分 出発)
ゴール地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午後1時30分頃 到着予定)

1月3日(水)復路(6区~10区)109.6㎞

スタート地点:箱根町 芦ノ湖駐車場入口(午前8時00分 出発)
ゴール地点:大手町 読売新聞社前(午後1時30分頃 到着予定)

往路と復路は違うルートをたどります。

 

スポンサーリンク

 

往路第10区の走行ルートと通過目安時間

第10区(23.00㎞)鶴見中継所~東京・大手町 読売新聞東京本社ビル前 ゴール
 
通過目安時間

鶴見中継所(12:18頃)
→六郷橋付近(12:27頃)
→品川付近(12:48頃)
→馬場先門付近(13:20頃)
→大手町 読売新聞東京本社前(13:28頃)

地図には誤差が含まれますので、大体の目安としてご覧ください。

第10区のコース紹介

第10区は、最後ゴールまでのコース。六郷橋と新八ツ山橋あたりのアップダウンがあるくらいであとは平坦な道が続く。しかし、時折ビル風が吹くこともある。

人も多くなり声援も増えてくる場所でもあります。

第10区の区間エントリー最新情報

区間を走る走者は、当日レース開始の1時間10分前に受け付けるために、直前まで変わる可能性がありますが、各大学からエントリーがでてきています。

第10区区間エントリー選手

※赤字が変更のあった選手です。

青山学院大  橋間貴弥 3年
東洋大    小笹椋  3年  
早稲田大   谷口耕一郎4年 
・順天堂大   花澤賢人  4年
神奈川大   枝村高輔 4年
中央学院大  藤田大智 2年
日本体育大  中川翔太 2年 
・法政大    矢嶋謙悟  3年 
駒澤大    伊勢翔吾 3年 
・東海大    川端千都  4年 
・帝京大    島貫温太  2年 
大東文化大  三ツ星翔 1年
・中央大    竹内大地  4年 
・山梨学院大  片山優人  3年
・拓殖大    苅田広野  4年 
国学院大   江島崚太 3年
国士舘大   戸沢 奨 3年
・城西大    荻久保寛也 2年 
・上武大    佐々木守  2年 
・東京国際大  相沢悠斗  2年
・関東学生連合 阿部涼(日本大) 2年

第10区の最高区間記録

松瀬元太(順天堂大学)
1時間08分59秒(2007年)

まとめ

第10区の距離:23.00㎞
ルート:鶴見中継所~大手町 読売新聞東京本社前

特徴:10区は若干アップダウンもありますがほぼ平坦な道のり。2日にわたりタスキを繋いできた緊張感が選手を襲います。3大駅伝の箱根駅伝のラストとなることや、来年のシードにも関わるので大事なコースとなります。
 

 

 

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ