menu

いいね! プレス

葉加瀬太郎の子供の学校は?年収、嫁や実家のことまで!




Pocket

情熱大陸のオープニングテーマを作曲した天才ヴァイオリニスト葉加瀬太郎さん。奥様はタレントで東大卒の高田万由子さんです。今はイギリスに家族で住んでいるという葉加瀬太郎さんを調べてみました。

葉加瀬太郎さんの簡単なプロフィール

生年月日:1968年1月23日
出身地:大阪府吹田市(千里ニュータウン)
身長:178㎝

ヴァイオリンは4歳から始める。
1990年、クライズラー&カンパニーのヴァイオリニストとしてデビュー。
1996年、解散後ソロになる。
2002年、自身が音楽総監督を務める“HATS”を設立する。
2007年、ロンドンに拠点を移す。
2010年、全国ツアー“Classic Theatre”を開催。など

スポンサードリンク

葉加瀬太郎さんの嫁や子供の学校は?

葉加瀬さんの嫁は、芸能人の高田万由子さんということは有名ですよね。高田さんのご実家は歴史のある資産家の系統です。高田さんご自身、東京大学を卒業されていますので、才色兼備の奥様です。

ふたりのなれそめは、高田さんが葉加瀬さんのコンサートで演奏に感動をし、知り合いを通じて葉加瀬さんの大学を調べて連絡をとったんだとか・・・。そこから交際が始まり結婚となったようですので、高田さん結構積極的ですよね・・・。

結婚後はイギリスに移住をし、お子様も長女の向日葵さん。弟の万太郎くん。イギリスの学校に通っているそうですが、どうも弟さんの方は小学校のお受験に受からなかったそうですね・・・。
そのせいではないでしょうが、少し乱暴なところもあり親を心配させたんだとか・・・。

葉加瀬太郎さんの年収や、情熱大陸の曲の作成秘話など。

葉加瀬さんは有名なミュージシャンです。これまで、セリーヌディオンと同じ舞台に立ったり、コンサートを精力的にこなしたり、企業の曲を作曲したりと大忙し。

とある番組で、2000万円のヴァイオリンを即購入しているところを見ると年収で億は行くのではないでしょうか・・・。

葉加瀬さんが一般的に顔が売れ出したきっかけとなった曲が、「情熱大陸」で流れるオープニングのインパクトのある曲とラストで流れる「エトピリカ」ではないでしょうか・・・。
最初はエトピリカだけだったのですが、当時のディレクターからオープニング用の30秒のテーマ曲を作って欲しいと依頼されたそうです。

「30秒でバシッと心に響くメロディーをお願いします」

そう言われて、期限を聞くと1週間・・・・。
送られてきた、情熱大陸のデモテープを見ながら悩んだ挙句、すでに演奏をしていた別の2曲のメロディーを合わせて作ってしまったのが、名曲「情熱大陸」なんですね・・・。

今では、あの曲なしではコンサートは終われないくらい有名になりました。

葉加瀬さんは東京芸大にも進学したほどクラッシックには精通されているのですが、自分ではクラッシックオタクというくらいだそうで、譜面を見ただけでその書いた人がゲイかどうかわかる能力まであるんだとか・・・。

これからももっといろんな曲を聞かせて欲しいですね!

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ