芸能・エンタメ・スポーツその他の旬な話題をお届け! 有名人からこれから注目のあの人まで!!

menu

いいね! プレス

ギットハブ(GitHub)はASKA(アスカ)のギフハブの意味?真相は?

no-beru2_mini
スポンサードリンク

先日、ミヤネ屋で逮捕直前のASKA容疑者と宮根さんが生々しい会話をしたことが話題となりました。28日の放送後に語った14分間の肉声では自身の潔白を主張していたんですが、その中身で私たちが聞きなれない言葉が出てきたんです。

それは、ASKA容疑者がブログでも語っていた盗聴や盗撮の恐怖と戦っていること、そしてその目的などにも話が及んだんです。目的は後日宮根さんに個別で話したいと言葉を濁したものの、盗聴団の名前を「ギフハブ」と言っていました。

ギフハフとは何ぞや?とネットで調べてみましたが残念がらわからずじまい・・・・。そんな折、もしやギットハブ(GitHub)というものではないのか?と解説する方もおられるようです。

こちらの話題もどうぞ~
「盗聴国家・日本」(ASKA)の出版の可能性は?内容が気になる!

ASKAさんが釈放となった理由は?
ASKAの不起訴の理由はなぜ?釈放の時期はいつ?

ASKA(アスカ)を狙うというギフハブは何をした?

スポンサードリンク

 

昨日、ASKA容疑者から出てきた言葉はには驚きました。なんせずっと闇の組織(らしい)ところからターゲットにされて盗聴や盗撮されているということなんですから。

盗聴のことは以前からブログなどで被害を訴えていたASKA容疑者ですが、家族にも言えない盗聴や盗撮の理由があるらしく、パソコンも使えなくされたりすることが頻繁だったと発言しています。
仕方なくAppleの人に見てもらったら「これはもう体験したことがないですね」という答えだったそうです。

う~ん確かに、技術者さんが見た場合、何もないものにあるとは言えないのでこういった会話になっちゃったのかな~なんてちょっと考えちゃいます(;´・ω・)

さらに、具体的なことを語りだしたんですが、まるで、SF映画を見ているような内容だったんです。今、ASKA容疑者をターゲットにしているのが、ギフハブという名前の組織らしいんです。

●ARという仮想現実を作って、自分のいるところを映したりする
●携帯の中にそれらのアプリが組み込まれている
●使っているのは200平方メートル四方まではズームで追えるというソフト

こんなの遠隔でできるのかな・・・(;´・ω・)なんだかスパイ映画をみているような気分になります。

ギフハブはギットハブ(GitHub)のこと?

ネットでギフハブというそれらしき言葉は見当たらなかったんですが、ギットハブ(GitHub)というよく似たITの用語があるようです。一部ではそれのことを言ってるんじゃないかと噂されているんです。

その言葉と使い道は、コンピューターのプログラムをインターネット上で共有できるというサービスのことらしいです。つまり、インターネットの倉庫みたいなもので、ASKA容疑者の言うプログラムを作り出したりすることはできないんだとか・・・。

実際に狙われる理由というものを、語っておられないのでなんとも結論しがたい部分はありますがね・・・(;´・ω・)なんだか悲しい気持ちになります。

スポンサードリンク
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
IP分散サーバー