menu

いいね! プレス

ガッテンコラーゲン(2017年3月1日)の効果でシワをなくす方法とは?




スポンサーリンク

コラーゲンと聞くと魔法の粉末のようなイメージがあります。ある一定の年齢を超えたときには管理人も飲んでみたり、シワをなくすために塗ってみたりしましたが、それほど効果を感じなかったというのが私の感想です。

2017年の3月1日のガッテン!決定版!コラーゲンの効果100%活用SP(仮)では、効き目が出やすい人、出づらい人や効果的な摂り方なども教えてくれるようです。

コラーゲンって摂り方があったんだと初めて知り、これまでやってきた涙ぐましい努力が無駄だったんだな~と気づくと共に、これからは効果のあるやり方で摂取したいな~と思います。

ガッテン!決定版!コラーゲンの効果100%活用SP(仮)

スポンサーリンク

いまコラーゲンが持つ真の力に一躍注目が集まり始めている。ある学会のガイドラインでは2年前から「効果あり」と明記されたり、ドイツでは病院で処方されるほどその効果はお墨付き。しかも肌の状態をよくするだけでなく、関節痛やキズの回復を早めるというから驚きだ。今回ガッテンは総力を挙げてコラーゲンの実力を徹底検証!効き目が出やすいのはどんな人なのか?効率的な摂取法は?これまでの論争についにカタをつける決定版!

出典:NHK公式

普段はなんとな~く摂っているコラーゲンも意識して正しい飲み方をすれば、肌の水分量やシワに変化が出てくるんですかね~すごく気になります。

その前に、コラーゲンという言葉をよく使いますが、いったいどんなものをいうのでしょう?
コラーゲンとは主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで人間の体では全部のたんぱく質の約30%がコラーゲンなんだとか・・・。

お料理を作る人なら良く見かける、おさかなのアラなんかを煮るとできている煮こごりがコラーゲンです。そして、よく似ている物質でゼラチンがありますが、コラーゲンを変質させて作ってあるものなんです。

そして、最近よく名前が知られるようになったコラーゲンペプチドは消化のあまりよくないコラーゲンを消化吸収しやすいように加工したものです。

コラーゲンはどこに効く?

コラーゲンは肌に良いとはよくCMなんかで言ってますが、あとは髪や爪、骨や関節にも効果が期待できるみたいですね。これからは医療の分野でも期待されているようですので、ちゃんとした摂り方を知っておくと、家族中で利用できますね。

放送内容は?

体内のコラーゲンの40%は皮膚にあるもの。
線維芽細胞(せんいがさいぼう)という物質がコラーゲンの働きに関係している。

口から取り入れたコラーゲンは胃や腸で分解されてしまうが、線維芽細胞が増えてコラーゲンを作る 

コラーゲンの破片があると線維芽細胞が活動する

上尾中央総合病院 小林郁美看護師
褥瘡・・・床ずれ 
病院で、コラーゲンを食べるようにすると床ずれが治った人が出てきた。

京都大学農学部 佐藤健司教授
分解しきれなかったコラーゲンの破片(ペプチド)が体内に吸収されることを発見した

線維芽細胞が増える条件は以下の2つが必要
○コラーゲンペプチド(分解されきらない破片)
○ダメージを受けると出るたんぱく質

効果がないと思うのは、元々あまりダメージがない人

コラーゲンをおすすめの人
○高齢者・・・けがや肌にダメージのある人
○炎症のある人・・・大けが、関節炎、日焼け、冬の乾燥

研究が進むコラーゲンの「修復パワー」はダメージのあるところで働くと考えられる
 

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ