menu

いいね! プレス

ドゥテルテ大統領の性格どんな人?経歴や父母とは?




スポンサーリンク

アジアのトランプと異名をもつフィリピンのドゥテルテ大統領。公式での過激な発言に危なっかしい感じもしますが、評論家などは計算ずくでやっているという人もいますよね。
確かに、結果をだす手腕というのはスゴイと思うんですが、かなり強引な印象も受けます。

現にフィリピンの方々は、ドゥテルテ氏を絶賛しているので、過激な発言の裏にはどんな顔を持っているのだろうと興味が湧きますよね。

どうやら、ドゥテルテ大統領はそんなことも計算の上でわざと過激発言をしていると、インタビューでは答えているんです。

誰も話を聞いてくれないとき、どうやったら気がついてもらえるか。『汚い言葉を使って叫んでいる男は誰だ?』となり、わたしに気づき、耳を傾け始める」

いや~本当ですかね~~(;^ω^)
 10月25日に日本に来日しますが、これまで公式の場でも驚くような発言をしてきた経緯もあるので、油断はできません(笑)

なんだか憎めない雰囲気も持ち合わている彼の経歴や影響を与えたと言うご両親そして、本人の性格などを調べてみました。

こちらの記事もどうぞ!
ドゥテルテ大統領は中国との調印式でガムを噛んでた?奥さんや子供は?

ドゥテルテ大統領の経歴とは?

スポンサードリンク

 

ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte)
出身:フィリピン レイテ島マアシン
生年月日:1945年3月28日(71歳)
フィリピン第16代大統領

幼少期にダバオに移り住み、マニラのリセウム大学政治学部を卒業後に、サンベーダ法科大学院に進んだあと司法試験に合格し検察官になります。どうも高校時代にはやんちゃをしていたようで、高校を2度退学させられたなんて話もあるそうです。

学校を卒業してからは10年間ダバオの検察官を務めたあとダバオ副市長を経てダバオ市長を務めます。

フィリピンの憲法では、市長は連続3期しか務めることができないために一旦下院議員になり、その後またダバオ市長を3期務めます。
任期を終えると今度は娘のサラを市長にして副市長になったようです。 トータルするとタバオ市長を7期22年間をつとめてから、フィリピンの大統領になりました。

ドゥテルテ氏が市長になる前のダバオ市はとても危険な街だったようですが、ドゥテルテが強行な手腕によってダバオ市は今では安全な街に変貌したようですね~

そして、ドゥテルテ氏が政治家になったのは、ご両親の影響も大きいようです。 

ドゥテルテ大統領の父母とは?

大統領の 父ビセンテさんは法律家で、セブ島のダナオ市長代理やミンダナオ島のダバオ州知事も務めていた方です。高校時代、いわゆる悪ガキだったドゥテルテ氏はお父さんが亡くなってから心を入れ替えて猛勉強。
お父さんと同じ法律の勉強をして司法試験に合格して検察局に勤めることになります。

母ソレダドさんも民主化運動をしていた方のようで、コラソン・アキノ氏がダバオの副市長を任命しようとすると母ソレダドが息子を推薦したことから、ドゥテルテ氏の政治家としての人生が始まったようです。

暴言王は実はエリート一家だったということがわかりますよね。

ドゥテルテ大統領は親日家?

ドゥテルテ氏が市長を長年務めたダバオ市と日本人のつながりは深く、現地ではマニラ麻とココナッツの栽培をするために当時多くの日本人が移民をしました。戦前には 1万人を超す日本人がいたそうです。もちろん現地には日本人のコミュニティーもありドゥテルテ氏も日本人との交流もあったんだと思われます。
 
フィリピンの復興に対しても日本人が尽力をつくしたことも知っていることから、ドゥテルテ大統領は大の親日家となったようですね~
大使感とJAICAが行う、天皇陛下の誕生式典にも娘さんを連れて必ず参加をして一緒にお祝いをしている律儀なところもあるんですって・・・
来日したら誰に会いたいかと聞かれ、天皇陛下にお会いしたいとも語っておられます。
 
ミンダナオにある日本人墓地も私費で修復したりしたそうですよ~3年前に家族を連れて日本に来た時も、家族がアメリカを希望したにもかかわらず、日本行きを強行したんだとか・・・。

そういった行動を見るとやはり日本には特別な感情を持っていると思われます。

ドゥテルテ大統領の性格とは?

暴言キャラではなくて暴走キャラ?
あえて暴言を吐いて世界に注目してもらうんだと言ったドゥテルテ氏。
それでも、時折、言い過ぎなことに気づいて(ノ∀`)アチャーってなるみたいです。勢いよく語ったあとに頭をかかえて「言っちまった~~」と裏で後悔していることもあるんだとか・・・。言ってることは激しいですがちょっと可愛いところもありますよね。

暴言も意図的に話していると語ってるんだけども、おそらく勢いついて暴走してしまう人なのかもしれませんね~
なんかこんなことろも普通のおじさんっぽいですねw

過去に後悔したといえば、アメリカのオバマ大統領に対して「このくそったれ!」と言っちゃって会談をキャンセルされたあの一件でしょうか?
「地獄へ落ちろ!」とまでののしったようですからね・・・・

それでも、ミンダナオにある日本人墓地を私費で修復した時にも、周りにナイショでやっていたそうので、なんだかぶっきらぼうでも、ええとこあるや~んって思ってしまいます。

スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ