menu

いいね! プレス

デーモン閣下が相撲解説したの?!英語も堪能だが私服は年齢相応!




スポンサーリンク

悪魔が地球で布教活動をするというコンセプトでバンド活動をしていたデーモン閣下。最初はバンドとしてミサと称してコンサートを開きいていましたが、最近では閣下の角界の知識の深さから、相撲の実況まで務めることもあるんだとか・・・。

デーモン閣下の簡単なプロフィール

生年月日:紀元前98038年11月10日(人間界では1962年11月10日生まれ)
出身地:東京都渋谷区
身長:168㎝~80m
体重:58㎏~5トン
出身校:早稲田大学社会科学部

1982年、ロックバンドの姿を借りた悪魔教布教団体「聖飢魔Ⅱ」(せいきまつ)を人間界でつくる。
1985年、地球デビュー。(メジャーデビュー)
1989年、聖飢魔Ⅱの大教典「WORST」がオリコンアルバムチャート1位になる。
1991年、黒ミサと称しスペイン、英国、アメリカ、香港にてコンサートをおこなう。
1999年12月31日、地球制服を完了しバンドは解散。
2001年、「朝日ニュースター」でニュースキャスターとして出演。
2007年、i-tunesロック部門年間アルバムチャート第1位。
2008年、初の映画監督をつとめる。

デーモン閣下が相撲解説!?

デーモン閣下は相撲にはかなりの知識を持っていて大相撲の大ファンだそうです。早稲田大学相撲部特別参与という役職でもあるそうです。以前、クイズ王のやくみつるさんも相撲好きなことから、対戦をして残念ながら負けたそうですが、デーモン閣下の相撲愛は芸能界でも知られています。
元々はデーモン閣下の祖父が好きだったことから、影響を受けたそうですね・・・。

NHKBSでも過去には、あの悪魔メイクのまま解説をしていたそうで、解りやすい解説だと好評だったとの意見もありましたが、抗議もかなりの数があったんだとか・・・。

伝統の競技なので、やはり、受け入れられない人もいたのでしょうか・・・。
デーモン閣下は早稲田の卒業式もあのメイクだったそうなので、もうそろそろ認知してあげて欲しいですよね・・・。

デーモン閣下の英語はスゴイ?

デーモン閣下は実はとても頭が良いことはキャスターやコメンテーターをしていることでもわかりますよね。高校は偏差値70とも言われる桐蔭学園高校を卒業し早稲田大学に進学しています。
しかも、閣下はアメリカにも住んでいたという帰国子女だそうなので、英語も話せるバイリンガル!小さいころは日本語よりも英語の方が堪能だったそうです。

デーモン閣下の都市伝説と現代の私服は?

デーモン閣下がまだ、「聖飢魔Ⅱ」で音楽活動をしていたころ、かなり乱暴なパフォーマンスが売りだったのですが、あるコンサート会場でステージから飛び降りて脚の骨を折るというハプニングが発生。一部演奏をしてから病院に入院するという事件があったのです。ご本人は「改造手術」などと言っていたようですね・・・。

その後、病院で実母の看病のもと入院していたところ、お見舞いの人に「まあまあ梨でも剥いてあげたら?」と話したところ、「ママー梨剥いてぇ~」と甘えた口調になったと尾ひれがついて世間に広まったそうです。

年末恒例の笑ってはいけないにも私服で出るというサプライズがあったが、トータルの値段は10万53円という服は普通のお父さんが着るような服でした。デーモン閣下は今10万53歳(笑)なので年相応かな・・・と(笑)これはちょっとネタも入っているのでしょうが、人間界では意外にも仮の姿はこんなものかもしれませんね・・・

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ