menu

いいね! プレス

コインチェックが倒産したらどうなる?NEM(ネム)の不正送金の現状と経緯




Pocket

昨年から、話題となっている仮想通貨のビットコイン。これからの新しいお金の使い方だということで買っている人も多いと思います。

今、億り人っていう言葉で知られるように、早いうちから購入していた人は少額投資でも大金となって生活環境が変わってしまった人もおられるようです。

管理人も実は先週くらいから乗り遅れるまいと取引できる会社に登録をしていた矢先に背筋の凍るような話がでてきました。

コインチェックというコインを扱う会社で580億円という不正送金があったのではと騒然となっています。

私も昨日、本人登録しようとしていたのですがなぜかログインできず放置となっていました。もし、取引をしていたと思うとゾッとします。

コインチェックが今後どうなるのか、そして現状はどうなっているのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

コインチェックの騒動の経緯をまとめてみた

コインチェックからの通知の時系列

1/26 12:07:NEMの入金について制限
1/26 12:38:NEMの売買についても一時停止
1/26 12:52:NEMの出金についても一時停止
1/26 16:33:JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止
1/26 17:23:BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止

このようにほとんど止まってしまっています。

5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が不正に出金をされていると報道で流れました。

一部ではハッキングではないのかという話も出てきていますが、真相はまだ調査中とのことです。

仮想通貨は、暗号のお金ですし、現物のない電子データーですのでこういったことが一番怖いですよね。

そしてもうひとつ気になることが・・・ コインチェックの会社の前にメディアが集まってるみたいなんです。 なにか発表でもあるのかな・・・。

 

スポンサーリンク

 

コインチェックは金融庁に登録していない

コインチェックは金融庁の仮想通貨交換業者の登録をしていない業者だったので、万が一の時、無くなった資金の保全や補償に対してどうなるのか未知数です。

仮想通貨を扱う業者で金融庁に登録している会社

・株式会社マネーパートナーズ
・QUOINE株式会社
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
・GMOコイン株式会社
・ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・ 株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社DMM Bitcoin
・株式会社ビットアルゴ取引所
・東京 エフ・ティ・ティ株式会社
・株式会社BITOCEAN
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ株式会社
・株式会社Xtheta

(出典:金融庁ホームページ)

今、一番よく使われているのは「コインチェック」と「株式会社bitFlyer」 ですが、株式会社bitFlyerの方は登録されていましたね。 私は、昨日、登録したばかりなので少しだけホッとしました。
↓↓↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

金融庁からの通達、仮想通貨を買う時の注意点とは

上記の会社は金融庁に登録をしてますが、現金ではないので、注意喚起をしています。

・仮想通貨は日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません、インターネット上でやりとりされる電子データーです。
・仮想通貨交換業者は金融庁・財務局の登録が必要なので、利用するときは登録を受けているかどうか確認してください

やはり、仮想通貨については、キチンと金融庁に登録をしているか確認をしてから自己責任でやることをキモに命じる必要がありそうですね。

これまでの不正送金事件

2016年8月2日:ビットフィネックス(Bitfinex)ビットコイン消失事件⇒被害総額約120,000BTC(約777億円)⇒下落率13%程度
2017年12月7日:マイニングプールNiceHashのハッキング⇒被害総額は4,736BTC(約76億円)⇒下落率15%程度
2017年12月19日:韓国のユービットが北朝鮮からと見られるハッキングで破産申請⇒被害総額は約4,000BTC(約17億円)⇒下落率13%程度

出典:フィスコ

コインチェックが倒産したらどうなるの?

コインチェックの公式の見解が出てきていないので、どうなるのかは現段階ではわかりませんが記憶に新しいのはマウントゴックスの事件を思い出してしまいますよね。

客の資金の一元管理をしていたために、ハッキングによって台帳を書き換えられてしまったとのこと。

預金のお金を書き換えた上にそのお金を少しずつ引き出してしまったのではないかと言われています。

当時の被害額は114億円~470億円程度。

調査の結果、この件に関してはハッキングの痕跡がなかったらしく、社長のマルク・カルプレス代表の横領ではないのかとの疑惑もでていましたが、結局その当時の客にはお金は帰ってきませんでした。

 
コインチェックの出金が不正以外であることを祈りたいですが、もし不正だった場合には、お金が戻らない可能性もあります。

まとめ

どちらにしても、送金の真相がわからない限りはなんとも言えません。早く、原因究明をしてほしいものです。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ