menu

いいね! プレス

コインチェックのイケメン社長(和田晃一良)が泣きそう!年齢と経歴や海外逃亡の可能性は?




Pocket

コインチェックがコインをチェックできなかった・・・。仮想通貨NEM(ネム)が何者かにハッキングされ580億円分の仮装通貨がなくなってしまいました。

大損をした人も多く、とある芸人もかなり損失が出たと真っ青な顔をして語っていたことから仮想通貨は一般にも浸透していたんだなと思います。

流出した日に東証で記者会見を開いた和田晃一良社長は、ショックを隠しきれない表情でしたね。

今にも泣き出しそうな表情に見えました。

しかし、これだけの大事になってしまったからには何らかの責任をとってもらいたいところです。

今にも泣き出しそうだった社長、和田晃一良社長の経歴や年収などに迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

コインチェック和田晃一良社長の年齢や経歴

26日の会見ではかなり若く見えましたよね?社長という感じよりも新入社員のような若い雰囲気を持っていました。

和田晃一良社長はなんと27歳!

IT系の方って若くして独立される方が多いですが、和田社長も同じです。

和田晃一良社長のプロフィール

生年月日:1990年11月1日(27歳)
出身地:埼玉県入間市

高校は、西武学園文理高等学校を卒業し、東京工業大学工学部経営システム工学科に入るも大学3年生在学中の2012年にレジュプレスという会社を知人と立ち上げてその後大学は中退しています。

埼玉の西部学園は学部にもよりますが偏差値が66~71とハイレベルな高校ですし、大学の東京工業大学にしてもおなじくらい。昔、この大学を卒業した人が、東京大学に行くくらいのレベルだと言っていたのを思い出しました。

和田社長は実業家という顔とプログラマーという顔を持ち、STORYS.JPという累計100万部「ビリギャル」を生んだ会社の開発をしたとのことです。(小説の投稿サイトのようなものです。)

会見では、人手不足を理由にセキュリティーが後回しになったようなことをおっしゃっていますが、和田社長のフェイスブックでは、何度も人材募集をかけていたそうなので、追いつかなかったのでしょうか

しかも・・・・社長には金融業の経験がなかった・・・ってビックリ

開発が先で、セキュリティーが後ってやはり問題がおこりますよね・・・

 

スポンサーリンク

 

和田晃一良社長が泣きそう

26日に行われた和田社長と取締役COOの大塚雄介社長と顧問弁護士が1時間30分程度の会見を行いました。その場では、和田社長の表情が今にも泣き出しそうな雰囲気でしたね。

事の重大さもさることながら、和田社長がなにか口を開けば涙がこぼれ落ちそうな表情をしていたのが印象的でした。

ただ、本当に泣きたいのはお金を預けていた顧客ですけどね・・・。

記者から社長が考える最悪の事態を聞かれ、「顧客の資産が棄損し預かっている資産がお返しできないこと・・・」とおっしゃってましたが、酷だわ・・・

マウントゴックスの流出よりも大きい最大級の規模だったので事の重大さがわかっているのでああいう表情になったのはわかりますが、やはり、セキュリティーが後手にまわったのはいなめないので、その責任は重いです。

そして、普段はこんな感じの表情です。

和田社長の海外逃亡の可能性は?

今回の、580億円の流出で一気に世間に顔が知れ渡ってしまった和田社長。少し前に問題のあった、「はれのひ」騒動の社長が初めて会見をしたのが同日ですが、あまりの話の大きさで一気に注目をされてしまいました。

おそらく相撲のお話しもネタがないでしょうし、マスコミに追われることになるのだと予想します。

ですので、逃げるということは難しくなるんじゃないですかね・・・。 できることなら、早く犯人を捕まえてお金を客にもどせることになれば良いのにと思います。

まとめ

今回の事件では、仮想通貨の怖さと共に、セキュリティーへの関心も高まったのではないでしょうか。電子データだけにどう解決するのか見通しが見えませんが、できれば犯人が捕まることを願います。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ