menu

いいね! プレス

小さな巨人の黒幕は誰?三笠署長か小野田それとも?




スポンサーリンク

「敵は味方のフリをする」とドラマのキャッチフレーズにもありますが、5話まで終わってどんでん返しや見どころが満載の小さな巨人。主役の長谷川博己さん演じる香坂真一郎と岡田将生演じる山田春彦の立ち姿にうっとりする女性も多いようです。

ストーリーとしては、ちょっと半沢直樹を意識しているかのようにクドイという方もいるようですが、それでも春ドラマの視聴率では「緊急取調室2」に次いで2位となり、全国平均視聴率も13.2%となかなかの数字を出しています。

第5話も終わり、警察の内部に内通者がいるとふんで香坂が捜査を進めていくとまさかの、尊敬する芝署の三笠署長が出てきてしまったという展開でした。しかも「お前たちは何もできん。この私を敵に回すということは警察組織全体を敵に回すことなんだよ・・・」ってなんでしょう・・・まるで呪いの言葉のようです。

これまで裏切りに次いだ裏切りが繰り広げられてきましたが、いったい誰が本物の黒幕なのでしょうか・・・。これまでの裏切りと最終的には誰に行き着くのかを考えてみました。

小さな巨人5話までのネタバレ簡単に

スポンサーリンク

警視庁捜査一課強行班1係長ノンキャリアでは最年少で警部に昇進し次の捜査一課長は確実な男の香坂真一郎
料亭でIT企業の中堅「ナカタエレクトロニクス」の社長である中田隆一を見かける
勘が働き、中田隆一の飲酒調査をしようとしたが、拒否されて逃走される
逃走時に自分で傷をつけたが翌日になるとゴーバンクびネットニュースで宴会帰りの刑事が横暴な職務質問を行い車を破損と報じる
香坂は所轄の芝警察署に左遷される
ゴーンバンクの社長中田和正が誘拐され、芝警察署に捜査本部が設置
警視庁捜査一課長香坂の元上司である小野田義信が指揮をとる
中田隆一(中田和正の息子)の自作自演と推理するも違うことがわかる
誘拐事件の前に芝警察の渡部久志がエンジニアの風見京子がビルから飛び降り自殺した件を調べていたところ、中田隆一が交際相手で張り込んでいたためにアリバイ成立
誘拐犯は、風見京子の父の風見康夫だったが突入班が取り押さえ中田和正は無事救出
風見京子の開発した監視カメラの画像処理システムがゴーンバンクに流出していて、このシステムをもとに新規事業をたくらむ
小野田は単なる誘拐事件だと処理してしまっていた
香坂は殺人事件だとニラみナカタエレクトロニクスの防犯担当、池沢菜穂に話を聞く
防犯カメラは1人で風見京子がエレベーターに乗り屋上へと向かう姿があった

小さな巨人はツッコミどころ満載?!

このドラマは、前回同様、香川照之の顔芸と少し大げさな演出で話題となっていますね~

・警察官が署長室を素手でガサ入れしている
・根拠はないが俺の勘
・山田が自由すぎる
・ICレコーダーがわかりやすいところに設置している
・アンジャッシュ児嶋が大島役
・春風亭昇太さんの演技がちょっとだけ微妙

スタッフがあえてツッコミどころを作っているのでしょうか・・・。場面場面では目が離せない部分が多いので、あそび心かもしれませんね~

本当の黒幕は誰なのか予想してみた

ここまでいろんな人がでてくるともう誰が黒幕でもおかしくないくらいなのですが、お話しとしてはまだまだ続くんですよね。内通者に香坂が信頼していた芝署の三笠だったことが明らかになったけれども、本物のクロはもっと最後に出てくるはず・・・。

ドラマ後半戦にいくにつれまたもや大物投入となり、黒幕ももっと変わってくるのではと思うんですよね・・・。小野田はどう見ても悪い感じがするけれども、黒幕となるとあまりにも妥当すぎる気がします。

いろんな方の予想を見ると、小野田は見た目は悪いけれども実は正義のために動いているのではと考えている方や、まさかの三笠署長が出てきたところでもしかすると、山田あたりが実は・・・なんてことになるのではないかと思います。

山田はどうしても捜査一課長のイスがほしい人なので、一番その席に近かった香坂を蹴落としたのではないかと思うんですよ。味方と思って捜査をともにしたこともあったけども、必死で悪に迫ろうとしている香坂を監視したのかな・・・とか・・・。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ