menu

いいね! プレス

ちはやふるの綿谷新役(真剣佑)の方言はどこ?千早との恋の行方も




Pocket

映画「ちはやふる-結び-」が前2作が好評だったために新しく作られました。上映に先立ち、「金曜ロードショー」でも前作となる映画上の句と下の句が2週連続放送されるなど、大変注目されています。

今回はそんな映画「ちはやふる」でも人気の高い「綿谷新」についてご紹介します。以降はネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

綿谷新とは

◼︎綿谷新のプロフィール
 生年月日  12月1日
 身長    173cm
 血液型   O型
 年齢    17歳(高校2年時)
 好きな教科 数学・理科・書道
 所属    福井南雲会A級選手

小学生時代に出会った千早とその幼馴染太一を「かるた」の世界へ引き込んだ少年です。黒髪にメガネ姿で、真面目な性格で素晴らしい記憶力の持ち主です。

落ち着いたクールなキャラクターですが、かるたに対する情熱は人一倍で、試合に見せる感情を露わにする表情が受け、普段の姿とのギャップにやられる人が続出しています。

幼馴染である太一と同様に女性人気の高いキャラクターです。

 

スポンサーリンク

 

物語の立ち位置

・小学生時代
小学生6年生の時、祖父と父のトラブルが原因で福井から東京へ転校してきました。祖父はかるたの栄世名人であり、新自身も全国大会で優勝する腕前の持ち主です。

転校先の東京で、主人公千早とその幼馴染の太一と出会いました。親睦を深める内に新は千早に対し、恋心を抱くようになります。

一方の千早も、新の得意とするかるたを見て、その姿に魅了され、かるたの世界へと足を踏み入れることとなり、新と千早は太一を含めたチーム「ちはやふる」を結成します。卒業が近くなった頃、福井の祖父が倒れたことをきっかけに福井へと戻ることになり、新は千早と太一とは離れ離れになります。

福井で祖父の看病を行っていましたが、その後祖父は亡くなってしまい、新は自分がかるたを優先したせいだと自責の念にかられ、かるたから離れてしまいます。

・高校時代
千早は1年以上連絡が取れなくなっていた新を心配し、太一と共に福井へ会いに行きます。そこで、新の事情を知ることとなりましたが、それでもかるたが好きな気持ちはかわらないはず、と考え、強くなって新と再会し戦うことを誓います。

千早と太一の思いに突き動かされ新も再びかるたへの道を歩み始め、福井南雲会に参加し、見事完全復活を果たします。

高校2年生時には、新は太一に対し個人戦で優勝したら東京の大学へ進学する旨を伝え、見事有言実行します。ここで改めて新と太一はかるたのライバルだけでなく、千早をめぐる恋のライバルとなります。新は高2の秋についに千早へ告白をします。

高校3年に進学した後、新は強敵に苦戦する場面もありますが、千早と太一が東日本予選に勝ち上がっていることを聞き、奮起し激闘を制します。西日本代表にまで上り詰めた新は、東日本代表として千早や太一が上がってくることに期待し、待ち受けています。

新田真剣佑さんのプロフィール

◼︎プロフィール
 生年月日 1996年11月16日
 出生地  アメリカ合衆国ロサンゼルス
 身長   176cm
 血液型  B型
 所属   トップコート 

父親は俳優の千葉真一さんということでデビュー当時からかなり話題となったイケメン俳優さんです。幼少期から空手や水泳、ピアノなど多様な習い事をしており、中でも空手は大会優勝をする程の実力者です。

高校卒業まではアメリカのハリウッドで暮らしていました。ハリウッド在住時から俳優として活動し、2012年には「SPACE MAN」や「TADAIMA」など映画やショートフィルムの主演を務めています。

日本での活動は2014年頃からで、アメリカは主演が60歳過ぎてからが多いため、若いうちに作品を残せるのは日本だと思ったそうです。日本デビュー後すぐに、千葉真一さんの息子であることからバライティー番組などにも出演し、その整ったルックスから注目されていました。

2017年には映画「ちはやふる」の綿谷新役を務め、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、一躍実力派俳優としての認知度を高めました。時を同じくして、事務所を移籍し、芸名を真剣佑から新田真剣佑へと改名しています。

◼︎芸名
先ほど記載した通り、新田真剣佑さんは芸名を改名しています。ちなみに真剣佑というお名前は本名なんです。かなり珍しいですよね。

ちょうど、隠し子騒動が噂となり子供ができた当時の年齢にショックを受けた女性も多いのではないでしょうか・・・、少し見かけない時期がありその後、改名されたので、新しくやりなおす意味もあったかもしれません。

なぜ「新田」を加え改名したのかと言いますと、ずばり「ちはやふる」に由来しています。役名が新なのでもしや!?と思われて方も多かったようですが、取材会にて新田さん本人が証言しています。事前に原作者である末次由紀さんに連絡し承諾を頂いたそうです。

新田さんにとってそれほど思い入れの深い作品であり、役どころであったとういうことでしょう。

気になる福井弁

「ちはやふる」でもかなり重要な役割を担う綿谷新というキャラクターですが、福井で育ったこともあり、福井弁を話すことでも話題となりました。福井弁は、比較的訛りも強く、個性が強い方言です。そのため、どうしても福井の人からすると違和感を感じてしまうようですが、それでもかなり寄せてきているようです。

福井弁について

福井県嶺北のあたりで話される方言で、北陸の方言に分類されます。

福井の全域が同じ発音ではなく、敦賀市と昔の若狭国で話されるアクセントと福井弁とは若干アクセントが違うようです。

発音部分や言葉の例として調べてみると以下のようなものです。

発音部分の例
ほんなもん(んなもん)・・・そんなもの
ほの・・・その ほれで・・・それで
ほして・・・そして
ほこ・・・そこ など、「そ」が「ほ」に変わることが多い。

福井弁(老年の方々の発音)
全部・・・じぇんぶ
全然・・・じぇんじぇん

言葉の例
あかん・・・いけない ダメ
あばさける・・・ふざける 
いけえ・・・大きい
うら・・・僕、俺
おえ・・・おいおい(不満)おい(呼びかけ)
おうきにのう・・・ありがとうね
おちょきん・・・正座
など

文字面で見ると、かなり標準語と違いますね。ちょっと違和感を感じますが、これをイケメン真剣佑くんが話すのがまた良いですね。

映画以外の福井弁はどうだったのか?

◼︎アニメ版
声優を細谷佳正さんが勤めていますが、実際に福井出身の方を指導者に招き、練習を重ねたそうです。当初は違和感を持つ人もいたようですが、終盤はその上達ぶりに視聴者も驚いていました。短期間で習得してしまうのはさすがとしか言いようがありません。

◼︎実写版
新田さんも実際に福井のかるた協会に参加しています。10日間福井で1人暮らしをして、福井弁に加え、基礎知識と技術を身につけて来ました。制作担当者からも福井生活での修行は効果絶大で、福井弁を違和感がなく完璧だとお墨付きです。

主人公綾瀬千早との関係

最後に気になる千早との恋の行方について、現在分かっていることをまとめてみました。

新は高校2年の秋に、千早に告白をしています。これが漫画23巻に当たります。現在は単行本で37巻まで出版されていますが、まだ結果は出ておらず保留状態です。

というのも、33巻で千早は長く新に返事をしていないことに気づき、今はかるたで世界一になりたいという気持ちを伝えています。つまり恋愛的な返事はできない、ということです。

これが振られたことになるのかは微妙ですが、一応保留状態となっています。新はその間、他の女子生徒から告白を受けますがきっぱりと断っています。

太一も同様に高校3年の春(26巻)で告白していますが、こちらはすぐに断りの返事をしています。その後の千早の落ち込みようから、まだ太一にも可能性があるのか?という印象も受けますが、こちらも現在進展はありません。

一方千早は、すでに高校2年の時に(17巻)新への恋心を自覚しています。一生新が好きなんだ、と気持ちを自覚していますが、その後の告白は保留という状況です。

新や太一に告白された後は、動揺する姿を見せる場面も多いですが、今の所はかるたが一番ということでしょうか。今後のかるた大会の結果と共に恋の行方も気になります!

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930