menu

いいね! プレス

千秋の娘の年齢や学校は?実家がお金持ちで社長なの?




スポンサーリンク

バラエティーや歌番組やモノマネも上手、さらにデザイナーとしても才能を見せるマルチなタレント千秋さん。昔の旦那さんであるココリコ遠藤さんが結婚しましたが、千秋さんはとてもマイペースに自分の道を歩んでるような気がします。年末恒例の「ガキの使いやあらへんで」にも元旦那の嫁として普通に出演するあたりかなりの大物感がありますよね。
 
なんでもこなすママタレの千秋さんを調べてみました。

千秋さんの簡単なプロフィール

生年月日:1971年10月26日
出生地:京都府
身長:151㎝
血液型:O型

1991年、フジテレビのオーディション番組「ゴールドラッシュ」初代チャンピオンになり芸能界デビュー
1992年、「ウゴウゴルーガ」でアナウンサーの大坪千夏とともに、せんにちまえちなつちあきとして漫才のようなものの他、「ノンタンといっしょ」の声優と主題歌を担当する。
1996年、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」の番組内のメンバーで作った「ポケットビスケッツ」で活躍した。
1998年、NHK紅白歌合戦に紅組として出演。
2002年、ココリコ遠藤と結婚発表。
2003年、女の子を出産。
2004年、子供服ブランド「リボンキャスケット」を立ち上げる。
2007年、離婚。

千秋さんの娘の年齢や学校は?

千秋さんは2003年に娘さんを出産されています。
お子さんの名前はいろはちゃん。漢字にすると彩華と書くそうです。千秋さんはブログなどでも、お子さんのことを「苺さん」と書いていますが、元々、苺という名前にしたかったけれども、当時人名としては使えなかったことからいろはちゃんになったようです。

千秋さんの若いイメージがあるのか、いろはちゃんはまだ小さい子供と思っていたらもう中学生になるんですね。

いろはちゃんが通っている学校の名前は伏せられていますが、噂によると学校法人和光学園という芸能人のお子さんにも人気のある学校のようです。

千秋さんの苺同盟というブログには、お子さんの成長や、ママ友での苦労や楽しい行事などが書かれていて、お花見にユーミンが飛び入りをしたとかありますので、やはりお金持ちの学校ではないかと推測されますネ

千秋さんがお子さんを生んだのは帝王切開だったととあるバラエティーで告白していましたね。

・千秋さんの身体が小さいこと
・逆子だったこと
・娘の首にへその緒が三重にまかれていたこと

などの理由から帝王切開にしたそうです。 
後に番組を見て同じように帝王切開をしたママさんからかなり反響があったことをブログで語っています。

千秋さんの実家はお金持ち?お父さんは社長?

千秋さんのお父さんは、日本の一部上場の企業、「日本板硝子」で社長・会長を務めた藤本勝司さん。70歳を超えた今でも相談役として在籍しています。
親戚には三菱電機で社長・会長を務めた方もおられるのでかなりのセレブですよね・・・

千秋さん本人も、子供服のブランド「リボンキャスケット」を立ち上げていますが、年商は50億とも言われています。

これからもまた事業にそして芸能界でも楽しませてくれることに期待です!

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ