menu

いいね! プレス

WBA・WBC・IBF・WBOの違いを調査!レベルや階級別体重一覧も




Pocket

オリンピックで金メダルをとった村田諒太さん。プロに転向をされWBA世界ミドル級ということで先日判定負けという悔しい結果となりました。判定については世界中で疑問も提示されていたために、再戦も行われます。

プロになると、WBAやWBCと名前が付きますが、プロレスで言うところの「新日本」とか「全日本」とか「みちのく」とか「おおさか」とかそんな感じなのでしょうか・・・

プロボクシングの気になるワードを調べてみました。

スポンサーリンク

ボクシングの基本中の基本

ボクシングってどうも殴り合ってるだけのようにも見えてしまうのですが、実は数ある格闘技の中で一番古い歴史があるそうです。

よく日本のキックボクシングやタイのムエタイなどと一緒にされてしまいがちですが、足蹴りを使える2競技と違い、ボクシングは拳のみの使用で、攻撃は上半身前面と側面に限られています。

やたらめったら殴り合う事ではなく、決められた箇所のみの攻撃で、殴り合うではなく、打ち合うというのが正しい表現なんですね

団体の違い

あまり詳しくない人も一度は耳にしたことのあるWBAチャンピオンやWBCチャンピオン・・・というフレーズ。WBC、WBAとはボクシング団体のことで、小さな団体まで数えるとかなりの数になりますが、世界的な大きな団体は4つあり、日本も団体に加入しています。

4つの団体
・WBA(世界ボクシング協会)
・WBC(世界ボクシング評議会)
・IBF(国際ボクシング連盟)
・WBO(世界ボクシング機構)

複数の団体がある理由としては、1つの団体だけだとチャンピオンに挑戦する確率が減る為で、団体が複数あればその分挑戦の機会が増えるからという事です。また、それぞれの団体によってルールが若干変わっている事が大きな違いとして挙げられます。 

スポンサーリンク

それぞれの団体のルールの簡単な違い

WBA(世界ボクシング協会) スリーノックダウン制 採点非公開
WBC(世界ボクシング評議会) フリーノックダウン制 採点公開有
IBF(国際ボクシング連盟) フリーノックダウン制 採点非公開
WBO(世界ボクシング機構) スリーノックダウン制 採点非公開

スリーノックダウン制は1ラウンドの内、3回のダウンがあった場合はノックアウトとなり、フリーノックダウン制は、何回ダウンしてもノックアウトとはならず試合が続きます。

採点はWBCのみ途中で公表され、この点数によって戦略を練ることもあるようです。

その他にも団体設立の国やチャンピオンベルトの色などの違いもあります。

階級

体重により分類されたボークサーは17個の階級に属します。

●ミニマム級・・・47.63kg以下
●ライト・フライ級・・・47.62〜48.99kg
●フライ級・・・48.99〜50.80kg
●スーパーフライ級・・・50.08〜52.16kg
●バンダム級・・・52.16〜53.52kg
●スーパーバンダム級・・・53.52〜55.34kg
●フェザー級・・・55.34~57.15kg
●スーパーフェザー級・・・57.15~58.97kg
●ライト級・・・58.97~61.23kg
●スーパーライト級・・・61.23~63.50kg
●ウェルター級・・・63.50〜66.68kg
●スーパーウェルター級・・・66.68〜69.85kg
●ミドル級・・・69.85~72.57kg
●スーパーミドル級・・・72.57~76.20kg
●ライトヘビー級・・・76.20~79.38kg
●クルーザー級・・・79.38~90.72kg
●ヘビー級・・・90.72kg~無制限

細かいグラム数で区切られている事もあり、ボクサーの方々がかなりウエイトを気にしている場面もよく見かけますよね。

こうやってみると、団体が1つしかないと、17枠のチャンピオンの座しかありませんが、4つの団体にそれぞれ17枠のチャンピオンの座があるならば、挑戦の枠も広がるので、たくさんの人がチャレンジできますよね。

日本のボクシングプロライセンスでは、WBA、WBCに挑戦できますが、WBOとIBFの挑戦は国外のプロライセンスが必要になってくる為、日本人チャンピオンが少ないとされています。

また、この4つの団体はプロ団体で、プロのルールになりますが、アマチュア団体も多々ありその中でルールなどプロとアマチュアの違いも多くあります。

まとめ

・WBA・WBC・IBF・WBOの違いは団体の違い
WBA(世界ボクシング協会)
WBC(世界ボクシング評議会)
IBF(国際ボクシング連盟)
WBO(世界ボクシング機構) 

・それぞれの階級は体重ごとに17階級ある
・WBCは試合途中で採点が出る方式

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ