menu

いいね! プレス

ブラックリベンジの妹が最低でムカつく!最終回独自予想と動画見逃し配信も




Pocket

「骨の髄まで炎上なさい!!」・・・。このセリフは主人公の今宮沙織(木村多江)が言う決め台詞です。週刊星流のねつ造記事に踊らされ、命を絶った夫の無念を果たすべく、嫁である沙織が関わった人々を追い詰めていく・・・。

最初はこんな感じで、復讐を遂げていった沙織でしたが、直接手を下した人間を追い詰めたあと、沙織の地獄が待っていました。信じていた人々の裏切りや欲がからんで、最終回を前に主人公沙織は精神までもがボロボロ。

その一番ダメージをくらわしたのが、実の妹の綾子です。もうこの人本当にムカつくんです!この妹のやったことと最終回に向けての予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

実の妹の綾子がムカつくワケ

まず、話の背景をざっくりとまとめると、有望な政治家の夫、寺田圭吾(高橋光臣)は週刊星流の収賄と不倫記事を苦に命を絶った。当時妊娠していた妻の沙織(木村多江)は、ショックで流産してしまう。5年後、沙織はフリーの記者となり週刊星流に入り込み、直接かかわった人間を次々にスクープ記事により貶めていく・・・。

第9話の最後のシーン・・・。ゾッとしましたね。
綾子が朱里の部屋でホルマリン漬け(?)のようになって亡くなっていて体には赤いバラで覆われていました。自業自得と言われる方も多いようですが、なぜそんなことを言われるんでしょうか・・・。

綾子はシングルマザーです。悠人という息子がいますが大学時代の恋人との間に生まれたと家族には語っていました。沙織が復讐に燃えているのを影で支えていたのです。

沙織もまた、実の妹なので心を許し復讐が終わったらみんなで静かに暮らそうなんていう夢を持っていたんですよ。だって実の妹とかわいい甥ですからね~

ただ、直接かかわった者が落ちていく中とんでもない事実がまた星流のスクープとして流れます。

それは、亡くなった夫圭吾が実の妹の綾子と不倫関係にあったということ。そして、その時の子供が悠斗だったという事実が発覚するんです。つまり、沙織がかわいがっていたのは、最愛の夫が実の妹との不倫の末にできた子供だったんですね。

その時の、綾子の言い分が本当にムカつきました!

元々、綾子は家庭教師だった寺田圭吾に恋心を持っていたのですが、受験が終わって告白しようとしたときには姉と付き合っており結婚をするということになってしまった。

ずっと、圭吾のことが好きだったと言うんです。圭吾がねつ造記事で追い詰められていたが妊娠している妻の沙織を思い自宅から安全なところに逃れさせている間に、妹の綾子がそっと圭吾の面倒を見ることになりました。

圭吾の精神はもう崩壊寸前。そこで綾子の気持ちも高まり関係を持ってしまいます。

姉の沙織はそのことは知らず、しかも記事とマスコミのおかげで流産しましたが、姉を見舞った妹綾子のお腹にはすでに悠斗の命が宿っていました。

「あの時は確かに愛してくれていた」と泣きじゃくるんですが・・・もう鬼畜ですよ!

この綾子という女性は本当に弱い人間でとにかく気持ちが安定しないんですよ。不倫の子供を産むという覚悟ができていないんです。

自分のことがスクープされあっさりと事実を認めてしまい、悠斗はお友達からも「ふりんー」とイジメられることになります。そこは当然の流れですよね、大人は黙っていても子供は正直です。

イジメやマスコミの追及に耐えかねて倒れてしまい入院するのですが、まだ小さい子どもが一人で付き添うんですよ。しかも、病院の窓の外にはマスコミがいるとなると、屋上に子供を連れて行き一緒に飛び降りようとするんです。

結局、そこに駆けつけた沙織に声をかけられ飛び降りるのを断念するんですが、すべて中途半端・・・。その後の悠斗の人生などまったく考えない行動が自業自得などと言われるゆえんだと思います。

彼女の最期は、おそらくこれまでの事件の糸を引いていた朱里(鈴木砂羽)の処置室に子供と一緒に行き、朱里に命を奪われてしまった(たぶん)のです。結局、産んだ悠斗を守ることもできずに・・・。

スポンサーリンク

最終回を予想してみた

ここからは、最終回の予想をしてみたいと思います。

第9話では、すべての糸を引いていたのが朱里(鈴木砂羽)ということが明るみにでました。週刊星流の5年前の寺田の記事がねつ造であったことも沙織がテレビ局に持ち込んだ動画にて世間の知れることになりました。

ねつ造記事を作った、編集長福島(佐藤二朗)の週刊星流は潰れ、福島もまた逃げる立場になります。もう終わりと観念した福島は、沙織を古いビルの屋上に呼び出し、5年前の記事の情報をリークしてきたのが、朱里だったことを沙織に告白します。

最初にスクープとなった収賄の記事の資料は実は朱里が作ったものということを知らされた福島は、第二弾をねつ造するように朱里に脅されて不倫記事を作りました。

それを聞いて、おののく沙織・・・。

全てを語った福島は、その場で飛び降りて自殺をしました。

沙織は、朱里の研究室に行き、綾子が亡くなっている姿を見て半狂乱になります。

そして、沙織とは別に高槻という男が朱里の中学校の時の謎を調査していたんですが、結局、沙織には伝えられなかった。

おそらく、沙織と朱里は二人とも同じ中学校の同じクラス。朱里が気にいっていた女子との秘密を偶然、沙織が見てしまいクラスで話してしまったのでしょう。

北里という女子生徒はそのことを悲観して自殺。

これまでの朱里の言動を見ていると、朱里と北里の間には友情以上の感情があった風な描写ですので、彼女の死が朱里の復讐心をあおったんだと思います。

予告編では、「一緒に行きましょう」と朱里がどこかから飛び降りる姿がありましたので、沙織を道連れに亡くなるんだと思います。

ただ、沙織と綾子の息子、つまり愛する夫と妹との間にできた子供は生き残る。そして、一緒に生きていくんだと思うのです。復讐から償いの人生を沙織は送ることになると最終回を予想しています。

見逃した場合には無料動画配信

ブラックリベンジを見逃してしまった方には、動画配信サイトが便利です。ここまでのお話し全部が一気に無料で見れるのがHuluです。

今なら、2週間だけ無料体験していますので、こちらで見てください。

(クレジットカードは必要ありませんので登録も楽ですよ。携帯払いやペイパルも使えます)

Hulu ⇒★Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

まとめ

・沙織の実の妹は、姉を裏切るだけでなく息子も守れなかった
・結局、マスコミや真犯人の朱里の毒牙にかかって命を落とした
・綾子の行動で沙織のダメージはマックスとなり精神不安定に・・・

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ