menu

いいね! プレス

明日の約束で香澄が狙うあと1人は?霧島や母ではない可能性も検証




Pocket

明日の約束では、自ら毒親を持つスクールカウンセラーの藍沢日向(井上真央)が、相談に来た吉岡圭吾(遠藤健慎)という男子生徒に告白されたあと、その男子生徒が自ら命を絶ってしまうという衝撃のストーリーです。

男子生徒のその事件を調べていくと、真紀子(仲間由紀恵)という毒親の存在が見え、さらに担任していた霧島(及川光博)もなにやら不穏な動きを見せます。

しかし、第6話では香澄という以前圭吾と同じ高校にいて中退した女性が出てきてとある事件の真相を日向にだけ語るんです。しかし、日向は説得しきれずに香澄を止めることができなかったのでですが、香澄は「あとひとり」と言い残したままどこかに行ってしまいました。

あと一人とは誰なのか・・・。これまでの話を総合して考察してみました。

スポンサーリンク

明日の約束の第6話で起こったこと

バスケ部の顧問に次いで、今度はバスケ部の圭吾の先輩の長谷部が襲われた。ちょうどその現場の第一発見者のマネージャーが言うには、不審な人物が去っていったんだと言う。

それは、背の高い痩せた女性だったと日向に言います。

ふたりの事件の手口は同じ・・・。日向が気になったのは、白井香澄という生徒。香澄は1年の時に霧島が担当をしていた生徒でした。しかし2年前、2年生になってすぐにイジメが原因で中退をしていました。

霧島は香澄の1年の時のイジメは知らないと言っていた。日向は香澄が気になり連絡をとって話を聞こうとします。

香澄は当時、父が病院で入院をしていて、母親は血のつながらない人だった。香澄が教室の中で自殺未遂をはかっても誰も問題にしなかったくらい。

ある日、香澄をいじめていた望月という女性が歩道橋から落ちて怪我をする事故が起こったが香澄にはアリバイがありました。日向はやっと香澄と連絡が取れ事件の真相を聞くことに・・・。

それは、幼馴染の圭吾と香澄が偶然に会い、香澄が実行しようとしていた望月への復讐を圭吾が代わってすることになったことを告白します。その代わりに圭吾がイジメに会っていたバスケ部に香澄が復讐をしていたことが分かります。

第6話の最期には、「まだやることがある!あとひとり!」と語って逃げていったのでそのあとひとりを考えてみましょう。

スポンサーリンク

香澄の言ったあと一人

ここからは、管理人の予想になりますのでご注意ください。

まず、香澄が圭吾と同じターゲットならば、ともに担任となりイジメの存在を伏せていた霧島でしょう。担任としてふたりのなんらかのメッセージを伝えていても何も解決しなかったからです。

しかし、圭吾を支配していた毒親の真紀子の可能性も1番だと思います。

・ふたりの担任教師の霧島
・圭吾の毒親の真紀子

このふたりが大本命だとは思うのですが、このストーリーをこれまで見てきて、これほど悪役っぽくなってきている人を狙うかな~と思ったのです。

圭吾が一番憎んでいた人がおそらくターゲットになるはずなんですが、あと彼と近い人間で考えた時にふと気になったのが、彼の妹です。

毒親だった真紀子・・・。中学ではなにかあると学校に口をはさみ、圭吾を無理やり迎えに来て連れて帰るほど執着していたのに、妹は帰ってきたことすらわからないんですよ。

日向が調べに行った中学の先生も、兄がこれほど溺愛されているので妹が入ってきたらまたあと3年同じような面倒なことになると思っていたら娘には真紀子は全くなにも言ってこなかったと証言しています。
 
しかも、ここの父親は前から浮気をして別居をしているという事実も発覚しています。

もしかして、妹が圭吾と血がつながっていなかったとしたら・・・と仮定すると、妹のやっかみで何か圭吾が追い詰められていたのかもしれません。

ストーリー上では、このお話しと日向の恋人である本庄の兄弟がリンクしているお話しなのではないかと感じます。(つまり、兄弟の片割れが亡くなった真実を知っている)ということです。

なので、管理人が感じているあと一人は圭吾の妹、吉岡英美里(竹内愛沙)がなにか知っているんじゃないかと予想します!

まとめ

・香澄が言った、あとひとりは本命なら、霧島(及川光博)か真紀子(仲間由紀恵)
・こちらでは、妹の英美里(竹内愛沙)がなにか握っていると予想(推測)

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ