menu

いいね! プレス

浅丘ルリ子の若い頃すっぴんが美人!?現在の夫や激太りのうわさまで!




スポンサーリンク

いつまでたっても美しい浅丘ルリ子さん。少し見かけない時期があったのですが、最近は大河ドラマやバラエティー番組などでもまたよく見かけるようになりました。

昭和の時代に、映画のヒロインとして活躍し、美人の代名詞となった女優さんですが、いまだに現役なのには驚きます。数十年前と今と変化なく、時を忘れたような大女優、浅丘ルリ子さんにフォーカスしてみました。

浅丘ルリ子さんのプロフィール

本名:浅井信子
生年月日:1940年7月2日
出生地:満州国
血液型:A型
身長:156㎝
体重:35㎏

スポンサーリンク

生まれは、当時の満州国新京市に4人姉妹の次女として生まれる。父の浅井源治郎さんが大蔵省に入省していてその関係で、満州やその後タイのバンコクにも住んでいました。

終戦後、抑留所生活を経て日本に引き揚げてきて東京神田鍛冶町に落ち着くことになります。1954年に公開の映画「緑はるかに」のヒロイン、ルリ子役のオーディションに応募し3000人の応募者の中から選ばれてデビューします。

たちまちのうちに人気となり、ルリ子カットも流行するという、今でいう安室ちゃんや聖子ちゃんカットのような人気ぶりだったんですね~

そして当時は、映画の全盛期、特に石原裕次郎さんや小林旭さんと共演したり日活の映画のヒロインを務めました。

浅丘ルリ子さんの若い頃のすっぴんが凄い!

時代なのかもしれませんが、昔の女優さんって群を抜いて美しいというイメージがあります。浅丘さんがデビューしたのは中学の時、今はメイクが濃い印象がありますがそれでも年齢不詳の美魔女ですよね。

当時の流行を作るくらいですから相当な美人だったと想像できます。

>緑はるかに オリジナルカラー版 [ 浅丘ルリ子 ]

 


デビュー時は今のアイドルのような売れ方だったみたいですが、浅丘さんを見ているとザ・女優という感じがありますよね・・・。ずいぶん前に、浅丘さんが主演でアルコール中毒の女性をドラマで演じておられたことがあったんです。

1982年の「非行主婦・アル中の女」というドラマでアルコール依存症の女性の役を演じられたことがあったのですが、正直ゾッとするほどの狂気を感じたのを覚えています。

ふつうの状態とアルコールが入ったときの演技といったら凄まじかった。やっぱり看板女優として第一線でやってこられたオーラと実力は別物だなと思います。

今の濃いメークもずっと変わらずですが、最近ブルゾンちえみが同じようなメイクをしているのを見て違和感なく受け入れてしまっているのですがどうでしょう・・・。もしかすると浅丘さんのメイクは時代の最先端だったんではないかと(笑)

最近激太りとのうわさも出ていましたが、おそらくそれは今年の大河ドラマの今川義元の母の寿桂尼を演じておられるんですが、ふくよかなイメージなのか、いつもの化粧と違い眉などもアーチ型になっていてふわっとしたイメージになってます。

なので、激太りと噂がたったのでしょうが、もともとメチャクチャ痩せておられますからね~体重も30㎏台なんで10㎏くらい太っても全く問題ないレベルですよね・・・。

浅丘ルリ子さんの現在の夫って?

浅丘さんは、昔から男性との噂がとても多いです。1960年代には、小林旭さんと事実婚状態にありましたが破局となった後、1971年に共演した石坂浩二さんと結婚をします。

大女優と人気俳優との結婚でしたので、夫婦仲が心配されましたが早い段階で別居生活に入ります。2000年には離婚をするのですが、その年に大衆演劇の座長松井誠さんとの交際をしていたと話題となりました。

2013年にも石原プロの俳優の金児憲史さんとの交際も発覚しますが、このおふたりの年齢差は38歳差!すごいですね~

いつまでも現役で頼もしい浅丘さん、今後もっと女優として輝いてほしいですね。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ