menu

いいね! プレス

50回目のファーストキスのロケ地は?実話の結末や日本版キャストも!




Pocket

勇者ヨシヒコを手掛けた福田雄一監督の映画「50回目のファーストキス」が公開されます。2004年のハリウッド映画のリメイク版として作られたものです。

W主演として、山田孝之さんと長澤まさみさんが恋人同士を演じます。

50回目のファーストキスのロケ地や、結末、日本版のキャストをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

50回目のファーストキスの基本情報

2018年6月1日(金)全国公開
主題歌:「トドカナイカラ」 平井 堅
挿入歌:「One more time, One more chance」山崎まさよし

50回目のファーストキスの原作
タイトル:50 First Dates(2004年)
出演:アダムサンドラ―・ドリューバリモア

ハワイのオアフ島。
天文学者になる夢を抱きながらツアーガイドとして働くプレイボーイの大輔(山田孝之)は、交通事故により新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を負った瑠衣(長澤まさみ)と出会いひとめぼれをする―。

出典:50回目のファースト・キス公式サイト

 

 

50回目のファーストキスのキャスト

弓削大輔・・・山田孝之
オアフ島のツアーガイドで天文学の研究者。プレイボーイ

藤島瑠衣・・・長澤まさみ
記憶障害の女性

ウーラ山崎・・・ムロツヨシ
大輔の親友

味方和彦・・・勝矢
大輔のアルバイト先の上司

藤島慎太郎・・・太賀
瑠依の弟。筋トレ好き。姉を献身的に支える

高頭すみれ・・・山崎紘菜
大輔に片思いしている同僚

名取医師・・・大和田伸也
瑠依の主治医

藤島健太・・・佐藤二朗
瑠依の父親

 

スポンサーリンク

 

50回目のファーストキスのロケ地

出典:50回目のファーストキスの予告

50回目のファーストキスはハワイのオアフ島で撮影されました。(2017年5月)

予告編のカフェーの中に地名が出ていますが、Punalu(プナルウ)という地区です。

50回目のファーストキスのあらすじと結末

50回目のファーストキスの原作となった、2004年のストーリーから最終結末がどうなるのかご紹介します。

ヘンリー・ロスはハワイの水族館の獣医師で、プレイボーイ。

とあるカフェーでルーシーという女性と出会い仲良くなりますが、次の日同じ場所で会うとルーシーはヘンリーのことを覚えていなかった。

ルーシーは、交通事故の後遺症で、1日の記憶しか頭に残らない、短期記憶喪失傷害でした。

ルーシーの記憶は、事故の日の前日までで、それ以降の記憶は一晩過ごすとリセットされるというもの。

一緒に住む、父と弟はルーシーに悟られないように、夜のうちに同じ新聞を用意したり、彼女が描いた絵も消したり、さらに、事故の当日の父親の誕生日であったために同じ行動を繰り返していました。

それでも、ヘンリーは毎日、初めて会ったかのごとく愛を告白する。2人はやがて恋に落ち、キスをするが、ルーシーにとっては何度キスをしても、初めてのキス。

ある日、車が車検切れだとルーシーは言われ、その日の新聞を見て、自分の記憶の日付と違うことに驚く。帰宅し父親に確認するも父親は慣れている日常で、用意してある事故のファイルを見せてあったことを説明していた。

しかし、彼女にとっては何度説明をされてもそのことは初めて聞くお話し。

そして、また次の日には父親の誕生日に戻るのだ。ヘンリーはこのままではずっとルーシーとの人生は失われてしまうと、二人の出会いから今までのビデオを作り、毎朝ルーシーに見せて人生を取り戻す努力を始める。

その努力もあって、ルーシーも徐々に見知らぬ男ヘンリーが自分の恋人とわかるようになり、二人の仲も進んでいくように見えたが、ヘンリーがそのことに没頭するあまり自分の夢の海洋研究をあきらめると言い出した。

すると、そのことを聞いてしまったルーシーがヘンリーの重荷にならないように、別れを決心する。

その裏で、ルーシーはヘンリーに対して日記を書いて、次の朝に読み返して自分の記憶を繋ぐことをしていました。ルーシーはそれらの努力の結果をすべて処分することにした。

そして、ヘンリーが長年の夢だったアラスカに行くことになり、ルーシーとヘンリーは最後のキスを交わします。

出港の日、ヘンリーの頭にはルーシーのことばかり・・・ふと思い起こしてある決心を胸にルーシーの元に行く。やはりルーシーはヘンリーの名前を覚えてはいなかったが、なぜかヘンリーの夢ばかり見ると言う。

そして、アトリエにはヘンリーの似顔絵ばかり・・・。

ルーシーの日課、朝ビデオを見ると結婚式の画像。

ふと気づくと、ルーシーはヘンリーの船の上、デッキにでると夫と娘の姿があった。ルーシーの胸には幸せがこみあげた。

まとめ

このお話しを見ていると、ふと2004年の韓流映画「私の中の消しゴム」を思い出してしまいました。

病気と事故の違いや、恋人の記憶がなくなっていくということと、事故でなくした記憶を思い出していくという違いはありますが、パートナーの男性の愛情の深さが女性を救うという意味では似ているなと思います。

毎日記憶がなくなる相手に根気よく二人の思い出を再現するのはやはり相当愛情がなければできないことです。

それゆえに、乗り越えた後の平和な普通の日常が奇跡のように思えます。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930